エンタープライズ企業における
セキュリティ対策

すべてのあらゆる情報がWebサイトに集約される現代、
Webサイトの情報漏えい対策は万全ですか?

WAF(Web Application Firewall)とは

Webサイトを狙ったサイバー攻撃は年を追うごとに増加、その手口や傾向も多様化し、企業が求められる対策もより専門性が求められています。WAF(Web Application Firewall)とは、F/W(ファイアウォール)やIPS(IDS)といった従来からあるセキュリティ対策製品と異なり、Webサイトに特化することで、Webコンテンツやその上で動作するアプリケーションを狙った攻撃を防御する新たなWebアプリケーション専用のセキュリティ対策ソリューションです。

コーポレートサイトやEコマースサイトにとどまらず、Web上で様々な情報が公開される現在において、Webアプリケーション向けのセキュリティ対応は今や避けては通れ得ない対策の一つです。

WAFとは

最新ブログ記事

シマンテック クラウド型WAF

Webアプリケーションのセキュリティ対策は、高い緊急性と容易な運用管理性が求められます。シマンテックでは、クラウド型WAFを提供することで、迅速な導入と高いセキュリティ、サポート体制をより低コストで実現いたします。

また、セキュリティ対策は、「ソリューションを導入してから始まる」と捉え、専門の担当舞台を設置することができない企業に変わり、WAFセンターが高度な専門知識と技術力でお客様に変わってシステムを監視します。緊急パッチの対応や適切なシグニチャの適用など、自社で運用する上で生じる課題もなく、お客様の既存システムに一切影響を及ぼしません。

シマンテック クラウド型WAF
シマンテック クラウド型WAF概要

シマンテック クラウド型WAFコンセプトビデオ

 

シマンテック クラウド型WAFの導入効果と機能

WAF Web Application Firewall は、Web アプリケーションの脆弱性に対する主要な攻撃の多くをカバーしています。新たな脆弱性についても、随時シグネチャを更新して対応しますので、お客様側では特に意識することなく、最新のセキュリティ対策を維持することが可能です。

  • ブロック機能

    あらかじめ登録されている不正な通信パターンを検出した場合、該当通信を遮断する機能

  • シグネチャ更新機能

    防御効果の向上を図る為、不正な通信パターンを随時最新の状態に更新する機能

  • モニタリング機能

    あらかじめ登録されている不正な通信パターンを検出した場合、該当通信を記録する機能(通信自体は遮断されません)

  • 特定URL除外機能

    防御機能が不必要なWebページを防御対象から除外する機能

  • ログ機能

    検出された不正と思われる通信を記録し、閲覧できる機能

  • レポート機能

    下記の内容を管理画面(Webブラウザ利用)上で報告する

    • 機能統計機能 (攻撃元、攻撃種別、アクション)
    • 攻撃元、攻撃種別の上位集計 等
  • ソフトウェア更新機能

    防御機能等を向上させるため、ソフトウェアを更新する機能

  • IPアドレス拒否機能

    特定のIPアドレスからの通信を拒否する機能

シマンテック クラウド型WAFを選ぶ理由

シマンテック クラウド型WAFでは、Webアプリケーションに対する攻撃から企業とあなたの顧客を守ります。
様々な角度から、Webのセキュリティ対策やWAFに関する情報を提供いたします。あなたの企業のセキュリティ対策にお役立てください。